即りたい...素敵な人と出会うために...!

ねだるな、勝ち取れ!さすれば与えられん!

クラスタって実際かっこいいの?

 

前提として、認識してほしいのは私はこれまで関わったクラスタに感謝しているし、

おかげで人生に新しい光が差したと本当に思っている。

ちなみにタイトルは顔の話ではなく、スタンスの話。

 

これを踏まえた上で、最近のツイッターを見ていると

なんでだろうと思うことが増えたので、所感を記そうと思う。

※引退したやつが黙れ。たかがenjoy勢がしゃしゃるな。という意見は

ごもっともだと思うので、ご勝手にどうぞ。

 

私はクラスタであることに何も誇りを感じていない。

周りがどうだろうが自分は自分だし、好きな人と遊ぶし、嫌いな人とは会わない。

割りと昔から思っていたのだが、クラスタって女々しいというか、

周りのことを気にしすぎではないだろうか。

 

パスはよ・・・意味が分からん

流行っているから〇〇を着る・〇〇な髪型にする・・・ダサい

顔はよ・・・興味ない

 

私はパスを貰うのは嫌だから貰わないし、

自分の好きな服を着るし、誰が誰を即ろうと興味がない。

 

不要なのに、周りを気にして、真偽の分からない話に感情を動かされ、

それが何かに繋がりますか?

自己中に行動しろというのではなく、

自分が好きな人と好きなように遊べばよいのでは?というだけの簡単な話。

 

女の子は抱けてもかっこよいと思わない、そんな男になってほしくないから。

かっこよく生きてほしいから。

少しでも関わった人がそうあってくれたら私は嬉しい。

これは私のエゴの押し付けかもしれないけれど。

 

fin

「女遊び」について思うこと

今回は僕の思いをただ書きたいと思う。

賛否両論あるだろうが、そこは自由なので好きに受け取ってください。

では、本編。

 

クラスタ」なんて言葉で括られて、僕はナンパ師だ

なんて思いが皆さんの心にあるかないかは知らないが、

要は女「遊び」だと私は考えている。

 

一部、〇百万貢がせとか、まあよくわからない人達もいるが、

それも含めても「遊び」という範疇は越え切らないという考え。

おれはそんな生半可な気持ちでやってない!って反論があり得るだろうが、

それもどうぞお好きにしてください。

 

何が述べたいかというと、

人生のどこに焦点を当てて生きていくのか という話。

 

食欲・睡眠欲・性欲で3大欲求と呼ばれるわけで

女性関係を蔑ろにしろ と言いたいわけではない。

 

たかが女遊びに人生振り回されてよいのか

ということ。

 

死ぬ間際のことをたまに考える。何を思って死ぬのか。

ネガティブなこと

・もっと〇〇すれば良かったな

・あのとき〇〇しておけば良かったな

ポジティブなこと

・〇〇で素敵な人生だったな

・〇〇に過ごせてよかったな

 

勿論後者でありたいと思う。

僕は凄腕でもなんでもないので、お前が言うなという意見が来るのは、

分かったうえですが

〇〇人も抱いたな、あの時抱いた〇〇は可愛かったなあ

なんて死ぬ間際に思い出すかな...

生きている間は自慢と承認欲求に溢れて気持ちの良い時間を過ごせると思うが。

 

だが、〇〇と出会えて、結婚できて、死ぬ間際まで一緒にいれてよかったな。

これは第一に思い浮かびそうだな。

他にも、友人と過ごした時間や、親との思い出とか。

 

確かに女遊びの延長(それがきっかけ)で、素敵なパートナーに出会い、

上記のような最期を迎えられることもあるだろう。

 

でも人に誇れることがただ女関係のことだけ という人間でありたくない。

たかが女に振り回されて終わる人生なんぞにしたくない。

おれは〇〇人も抱いたぜ

おれはこんなに可愛い子とヤッてるぜ

僕は一人の女性を愛することの方が素晴らしいと思っている。

(現時点の自分と矛盾しているのは理解の上で大きな悩みでもあるが)

 

僕が伝えたかったこと、思い直したいこと

・たかが女遊びに人生を振り回されないでほしい

・現時点の自分を見つめなおしてほしい(自身もですが)

・目の前だけではなく、先々を見てほしい

・その場の感情だけで動かないでほしい

 

P.S.

自分でも上記を見直しながら、

何が言いたいのかよくわからなかったですが、

徒然なるままに、思いを文章にしてみました。

たかが女遊びで、大切な何かを失ってほしくないな

と思ったことがきっかけです。

 

皆さんの様々な意見賜れれば幸いです。

 

以上

 

ステキな出来事、ステキな街

何かを見つけた奴はそれでいいし、何も見つけられなかった奴もそれでいい。

 

最近は というと年寄りみたいで嫌なのだが、

コロナでどうのこうの、芸能人が亡くなっただの、

耳に入れて気持ちの良いニュースはほとんどない。

そんな中、友人の幸せなニュースをきっかけに、

急遽、僕は北の大地を訪れることとなった。

 

生きてきた環境というものは良くも悪くもその人の形成に大きな影響を与える。

それが界隈でいうところの、

陽キャとか陰キャといった属性などと呼ばれているものだろうか。

今回、共に北の大地に足を踏み入れたのは、クラスタではないが、

「女遊び」を楽しめる友人。

 

このブログに目を通してもらえるのは、おそらくクラスタの皆様が大多数だろうが、

あなたにとってのこの活動は主なのか副なのか、どちらなのでしょうか?

 

話は逸れたが、僕の主である部分に新たな1ページを刻んだお話。

気楽にどうぞリーディングゥ~。

 

 

 

太陽が眩しくなってきた今日この頃、僕は北の大地に降り立った。

細かく書くと長くなるので、ナンパブログらしく、そこにフォーカスしよう。

(その他は美味しい食事にゴルフにとポロ札の良さを満喫した)

 

と、その前に、到着前からポロ札の情報を教えていただき、

当日も空港で挨拶させていただいた ないとーさん。ありがとうございました!

味噌襲来もご予定されているとのことなので、心の底よりお待ちしております!

 

~閑話休題~

 

即 に至るのは帰る前日となる。

食事も終え、準備に取り掛かる、今日のウイングは過食の広い男前。

(→ROM専でアカウントもあるので以下 ヴェノムとする)

ローラーしてなんか話しとけば、相方はどんなんでもしっかり仕上げてくれる

だから脳死声掛けマシーン化作戦... 通称:ヤシマ作戦  だ。

 

出撃前に再度、「儀式」をし、ブーストをかけていく。

酒を飲みながらサイファーもした。

サイファー:音楽を流し、円になってフリースタイルラップをすること

 

今日は即れる気がするな。

なんてことを口には出さず、この旅初めてのK箱へ向かった。

 

25時頃にK箱in。それなりに人はいる。比率も悪くない。

ヴェノムとの恒例行事はまず箱を楽しむこと。

お酒を飲み、音楽に合わせて体を揺らす。思いっきりダンシングゥ~。

K箱はあまり、踊ってます!みたいな人がいないので、

楽しそうには見えていたかもしれない。

 

さてそろそろか と声掛けを開始。

適当に近場からっということで声掛けたのが、豚。オープン。

もうなんでもいい状態だが、楽しくお喋りしバイバイ。

その後も数声掛けするが、反応は上々。

常連らしき子たちも素敵な笑顔を見せてくれる。

箱でガンシカする味噌がバグってるんだよ。

女の子は本来このように皆可愛いんだよ。

 

なんて思ってると次の声掛けがHIT。

話をしている間に相方と自然に箱内セパ。

 

女の子は可愛い。僕の中では不変の真理。

そんな存在が笑うんだよ?

プライドをくすぐられると躍起になったり、

嘘をばれないように話したり、そんな姿も本当に可愛いと思う。

 

なんて思いながら、連れ出しをグダられていたwww

が、ここぞというタイミングでヴェノムからのセパ連れ出し打診。

決めてはこれだったろう。なんでそっちなの。

そんな女の子の声が漏れて聞こえたかのようだった。

 

箱から出ればあとは簡単。目の前には幾つものラブホテル。

最後の形式グダ「ホテルは行かない」には「**************」と言い崩す。

「ずるいよ」そんな女の子の言葉を耳に、手をつなぎホテin。

ポロ札女子のすべ肌を堪能し即。

 

「**************」

皆様ならなんと言いますか?僕の出した答えは最後に記載します。

 

泥酔していたのでそのままホテルで寝て、起きてもう一回。

「もう帰っちゃうの」と言いながら、肩に寄せてくれた頭。

可愛いなあ なんてことを考えながら帰路へと向かった。

 

食もゴルフも。全てを楽しんだ旅。

一応クラスタらしく即れてよかった。

仲間にも感謝。

 

結局は人それぞれの人生。

自身のありたいようにあれるようにするのが

この界隈でも正解だと思う。

何かを得て活かすもよし、

なにも得れずに去るもよし。

十人十色のこの世界で、

わちゃわちゃ楽しめる仲間に出会えた自分は

幸せなんやと感じられる。

あなたは何かを見つけましたか?

僕はまだもがこうと思う。

世間の当たり前とは逸脱した世界で

感じられるものはすべて感じよう。

 

色々と能書きをたれたが、

結局楽しければそれでいいんだよな。

 

そうそう、そういえば。

「**************」の言葉の正解を出そう。

これから2人だけの世界。

全てを曝け出し、夢の空間に誘う、

そんな素敵な言葉はたった2文字の羅列だった。

 

「まあまあまあまあまあまあ!」

この界隈で学んだ最強の2文字だろうな…

 

これから何かを見つけるために

女のケツを追いかけ、夢を見る旅に出よう。

そしてポロ札にはまた行こう。

世界各地で素敵な出会いを待つ女の子に

最高の時間を与えられるように。

 

何かあれば全力でこの言葉を伝えるよ。

まあまあまあまあまあ!

 

きっと世界は変えられる。

 

to be continued…

ナイショの話

 

私情の何がいけない!!

 

「二人だけの秘密」

口だけかもしれないけれど、二人を繋ぐ真実。二人だけしか知らない物語。

そんな二人のお話。

 

かなり前に僕は赤箱で会った子(以下、赤子)と準即をした。

理由は即れそうだったから。

数追いをしているわけではないんだけれど。だからスト値は正直低い。

出撃している以上は、クラスタである以上は即報を上げたい。

そんな稚拙な考えを持っていた。

 

赤子はなぜか僕を好いてくれた。

あんまりおかわりしないのだが、会いたいと連絡をくれたから会った。

でも好意は湧きもしない。申し訳なさはあった。

そして今となってはもう交わることはないだろう。ありがとう。

 

赤子にはいつも一緒に箱に行く友達(以下、友子)がいた。

赤であったときもその2人だった。友子の方が可愛かった。あるあるかな。

赤子との話は友子に筒抜けだった。

そのせいなのか、友子は連絡先を教えてくれなかった。そりゃあねww

彼女たちはよく箱にいる。だからばったり会うことも少なくなかった。

 

そんなある日、いつものように箱で楽しんでいた僕は彼女たちに会った。

またいるね。そっちもな。

なんてありふれた会話。でも今日は妙に距離が近い。

連絡先を教えて。

赤子が怒るよ?

友子がどうしたいのか聞いているんだけど。

私は...良いよ。

そこから即まで時間はかからなかった。

 

どうも友子の誕生日が近く、赤子と2人で古都へ旅行だそう。

凄腕の神戸プリンルーティンの逆バージョン。

お土産買ってきてもらってそれを渡すためには家に来てもらうしかないルーティン。

 

友子が買ってきてくれたスイーツは僕の苦手な味。抹茶は苦いから嫌いだ。

(後日既せくが来た際に食べさせてあげた。ごめんね。)

 

少しまったりした後、つつがなく即。

 

赤子にこのことは話すの?

そんなの言えるわけないよ!(無邪気な笑顔)

ほんなら二人だけの秘密やな!

 

またくだらない約束をしてしまった。所詮上辺だけの。

これからも箱で会ったときは上手くやらないとな...

なんてことを思いながら数分前の会話を思い出していた。

 

僕の聖液を友子の口にビッグバンアタックした後...

苦くなかった?

赤子が言ってた通りだなあって...聞きたい?

うん。教えて。

絶対言わないでって言われたからナイショね!

かなり前の話なんだけど、本当に不味くて吐きそうになったことがあるの。

その話を赤子にもしたんだけど、アネのは苦くなかったって。本当にそうだった!!!

 

うんうんうんうん....

やっぱり二人だけの秘密なんて存在しないんだなww

 

~完~

笑顔は魔法の合言葉(後編)

皆様お待たせしました!

お待たせし過ぎたかもしれません!

はーーーーーい!前回の記事は読んでくれたかな? 

ナンパ0:酒10でお届けした前回の記事はこちら! 

anmnnnp.hatenablog.com

 

 後編の舞台はM!たのしい夜のおはなし~はじまりはじまりぃ♪♪

Uのゾーンで酒を飲みクラスタと会話をするという、

至極楽しい時間を過ごした僕たちはようやっとMに向かうことになった。

(jokerさん運転ありがとうございました!

※ちなみにですがjokerさんはR-1しか飲んでません)

 

鹿マに到着し、これまた多くのクラスタとお会いさせていただく。

お酒・おしゃべり・おでん・お酒・おしゃべり・お酒・・・

あーーーんwww 全然声掛けしないwww

でもこれが楽しいのよね。たこ焼きクラスタの温かみも相まって。

 

そうこうしてると割と良い時間なっちゃいますよね。

そりゃ鹿行くしか!ってことで鹿in...

 

~回想~

もう思い出すだけでね震えが止まりませんよ。

普段の状況は知りませんが味噌では体験したことなかったですね。

なんと言いますか満員電車にEDMが流れているみたいな

怖いな~怖いな~

~fin~

 

こちとら酔っぱらいっていうのと、せっかく来たし即りたいなっていうのと、

クラスタいっぱいいて楽しいってので、鬼ローラー開催しましたよ。

でも即れる未来なんて見えなくてね。怖いな~怖いな~って。

気づくと「おはよう」しか言えない身体になっちゃいましたよね。

 

でね、皆さん知らないと思うんで、めちゃんこ有益な情報をお届けします!!

「箱では疲れた表情でおはようのみ話しても即れない (ドドン!!!!!!!)」

ね。池〇彰さんくらいの超有料級情報ですよ。これ。

 

諦めかけたその時...お前嬉しそうに届けてくれた♪♪

どーーーんだけ探したーーーんだろ♪♪

 

ぱっぱらぱくん

「そんな可愛くないですけど和める子いますよ!」

凄い優しいですよね。たこやきクラスタで弄られがちなイメージあるけど、

普通に良い子やと思います。知らんけど。

 

で逆3でいたので、空いてる側にお邪魔しますしたんですよね。

もちろん最初はこれ「おはよう!」 それはそれは満面の笑みで

...気づけば二人で鹿を出て ...気づけば二人でホテルにおり、

...気づけば二人は裸になり ...気づけば二人は一つになった。

 

その後女の子は戻してあげて、あーーー良かったなって。

※箱終わりの時間に他の男に連れ出されてたのは大森林不可避wwwwwwwww

 

なんやかんやあって、あたおくんや即後のjokerさんたちと合流。

彷徨う。爺2前バンゲ死番。3分の1の運ゲーを見事外す。彷徨う。

朝マック食べる。寝る。起きる。

ピコン♪ 

jokerさん「エムすとはよ」 は?wwwwwwwwwwwwww

準備の後に合流。そこにはナンパゾンビが2人、いや2匹いました。

なんやかんやしてると2人、いや2頭が消える。

 

真清さん「お昼たべよう。」

神!ってことで合流!with 次元さん たこやき食べる。

(次元さんご馳走様でした!味噌来た際には水(アルコール9%)奢りますね!)

でゾンビたちと再度合流。お昼ご飯。ラーメン。吐きそう。

そんな間にも某パレにてがっちゃんこしようとしてた。

先生!この人たち頭おかしいです!

「性欲無いけどおもろいからええやろ」

「おもろいからとりあえず寝ずに声掛けしてる」

・・・とってもたのしくてゆかいなひとたちだとおもいました!

 

てなわけで本当に何から何までお世話になりました!

もうね楽しくて楽しくて仕方がなかったです(*´ω`*)

 

急遽予定入って来週末もたこ焼きにお邪魔するので、

kpさせてもらえれば不幸中の幸い極まりないということでお願いします!

 

そうそう最後に...

皆さん知らないと思うんで、めちゃんこ有益な情報をお届けします!!

「箱では満面の笑みでおはようと話せば即れる (ドドン!!!!!!!)」

 

~完~

笑顔は魔法の合言葉(前編)

自分が面白きゃ、他人の目なんて関係ねぇんじゃねぇか?
この世の中、いつだって気持ちよくなった方の勝ち。違うか?

 

麦わらの~帽子の~ルフィ♪♪

突然だが僕は新しい「出会い」が好きだ。

この活動をしている以上は色んな出会いの中にいるが、

そんな中でも、今回は"また会いたい"と思える人達にたくさん出会えた話。

※ちょこっとだけナンパしますww

やっと過去の話以外の記事を書けるうぅぅううぅうぅぅぅうぅぅうぅ!

では本編ありゃせいwww

 

 

某日、精子卵子がshall we danceする街、たこやきはUに来ていた。

以前味噌の街にトンプソンくん・ぱっぱらぱくんが来ていた際にお会いした縁で、

今回はUにて飲み会を開いてもらえることになっていた。

会いましょう!ってなって会うのって、

相手が男性の方が緊張するのは私だけでしょうか。

何を隠そうめちゃめちゃ緊張してましたwww

 

でね!結論から言うとほんまに初対面か?ってなるくらい居心地よくてね、

ほんまに楽しかったわけですよ。ほんまに!!!

飲み会で出会ったのは、

ぱっぱらぱくん・真清くん・あたおくん・某マインドの2人(なんとなく伏せときます)

やっぱり関西人は話すテンポが合うし、内容無いけどとりあえずボケとツッコミだけで

話進めがちやったりとかそういうの良いよね。知らんけど。

某マインドについては真清くんプレゼンツで急遽の合流らしく、

初めて話をしたんやけど普通に良い人でした。そんなもんよね実際は。知らんけど。

 

とまあ楽しい飲ませてもらった後はゾーンにてさらに飲酒うぉううぉう!

しっかりと男気じゃんけん勝たせていただきました。

じゃんけんを制すものはナンパを制するので努力してほしいものですねえ...。

そっからはわちゃわちゃもわちゃわちゃで、色んな人とkpさせてもろてね!

名前出していいのか分からんのでここでは割愛しますが、

フォローさせていただいていた方々、まじのアルファ(The アルファー言うて)の

某Tマインドの方や乱特化集団の方とかレジェンドにもお会いできました。

めっちゃ読んだブログの中の方に会えて、

興奮しすぎて右足の小指から我〇汁だらだらやったのはここだけの話。

 

話が長くなりそうなので、一旦ここで区切ります。

ええお察しの通り、まだお酒飲んだだけですよ。一番楽しいですよね?

女の子よりお酒と楽しい仲間ですよね?

Uのゾーンでお会いいただいた方々ほんまにありがとうございました。

※名前出して良いよ!とか名前出すなよボケ!とかあれば連絡ください

 

後編は舞台をMに移します。

続く...

 

天使と悪魔

怖がるのも、悩むのも…、
全部終わってからにしましょ。

 

 

初めて会った(正確には出会うはずがなかった)女性に

こちらから声をかけることで"出会える"こと。

声をかけた初日なり2回目にはその子と繋がっていること。

普通に生きているだけでは関わらないような人に出会えること。

共通点は"女の子が好き"ってだけやけど楽しみや悩みを共有できる仲間ができること。

 

馬鹿馬鹿しくも素晴らしいこの世界に飛び込んでから、

アネモネという第二の自分が生まれてから、初めての即のお話。

 

twiiterのアカウントを作るとフォロワーが少ないにも関わらず、

何か結果を残したいと思ってしまうのは何かの性(saga)だろうか。

作成当初は勿論クラスタの知り合いなどおらず、リア友とばかり街に出ていた。

ブログだけは読み漁り、ちょっとPUAになった気分でいた僕に、

ビギナーズラックという形で天使は微笑んでくれた...

 

某日リア友から仕事終わりに飲みの誘いが。

女の子の話をするのは楽しい。勿論YESで合流。

行こうとしていた立ち飲み屋は人まみれ。ということで近くの別の立ち飲みに。

 

女性二人組がいるなあ..と思っていると運よくその隣に案内される。

栄子:栄〇士 27歳 値5

麦子:人麦 27歳 値3.5

立ち飲み屋であってもS〇X目的で声をかけるのは緊張するものだ。

(と当時は思っていた)

リア友と二人でお酒を交わしつつ様子をうかがっているとチャンス到来。

麦子がお手洗いへ。すると栄子が一人でkpをしている。なんやこいつ。

だが、ここだ!

「いやいやいやいや!寂しいやん!せっかくやからおれらが乾杯したげるよ!」

たわいもない会話をしていると麦子が戻ってくるが、フィールドはこっちのもの。

軽快なトークと立ち飲み屋の雰囲気、敵などない(厨二病...)

 

僕は栄子の方が好きだったのでタイミングを見て場所替えし、栄ア麦友 という並びに。

ここからは早かった。ハンドテストクリア。LI〇Eも入手。ただ即の展開は見えない。

こっからなんやかんや。次回の約束を取り付け解散。後日回収。

蓋を開けたらセ〇レもいるし断れないしっていう即系ですた(´・ω・`)

 

ただ、この子とは長いつながりでした。

上記のセ〇レも、「やっと断れて、会わないことにしたよ!」

と嬉しそうに電話をかけてきたり。

今日会えないかな...って何度も連絡をくれたり。

でも皆知っている。別れはあっさりだし、みそ汁はあさりだし。

前のセ〇レを切ったように僕も切られたのだ。簡単なこと。

 

アネモネとして初めての即だ。忘れることはない。

知らない女性に声をかける?いきなりS〇Xの打診をする?

怖いな。悩むな。

すべてはやってみてからで良かった。 終わったらそんな感情は消えた。

・・・まあ今でも余裕で地蔵するけどねwww

 

僕はこの女の子との出会いを天使の微笑みと思っていた。

でも今思うと悪魔の悪戯だったと確信している。

こんな泥沼のようで終わりの見えない世界に心底ハマってしまったのだから。

 

 

P.S.

昔語りにも飽きてきました。

エモい即のためにソロを、面白い即のためにコンビを増やさねば!

 

~完~